声優

スターウォーズエピソード7の声優まとめ

2015年に大人気映画シリーズ「スターウォーズ」の待望の最新実写作品として公開されたスターウォーズ・エピソード7「フォースの覚醒」。

字幕版と日本語吹き替え版が公開されましたが、この作品で声を当てている声優さんたちの顔ぶれもすごいと話題になっています。

この記事ではスターウォーズ・エピソード7「フォースの覚醒」の日本語吹き替えを担当した声優をまとめました。

スターウォーズエピソード7の声優まとめ

スターウォーズ・エピソード7「フォースの覚醒」の日本語吹き替えを担当した声優をまとめました。

ハン・ソロ:磯部勉

スターウォーズの有名なキャラクターの一人であるハン・ソロ。その声を演じるのはベテラン声優の磯部勉(いそべつとむ)さんです。これまで数多くの映画の吹き替えを担当してきたのはもちろんのこと、特撮作品やアニメなど多くの作品に出演をしています。スターウォーズのエピソード7だけでなく、エピソード4〜6でもハン・ソロの声を演じています。
また声優業だけでなく俳優としても活動しており、NHKの連続テレビ小説や大河ドラマ、時代劇といった多くのドラマにも出演しており、部隊俳優としても活躍するなど幅広く活動しています。

レイア・オーガナ:高島雅羅

スターウォーズ第1作目の主人公であるルーク・スカイウォーカーの妹のレイアオーガナの声を演じるのは高島雅羅(たかしまがら)さんです。
スターウォーズのエピソード7だけでなく、次回作のエピソード8、さらにエピソード4〜6のソフト版ですが、レイアの声を演じています。
出演してきた作品はシリアスなものからコメディーというように振り幅が広く、ヒロインの吹き替えも数多くこなしてきている声優さんです。

カイロ・レン:津田健次郎

最新3部作(エピソード7〜9)のメインヴィランであるカイロレンの声を演じるのは津田健次郎(つだけんじろう)さんです。ルパン3世や名探偵コナン、宇宙戦艦ヤマトといった多くの人々が知っているような作品で声を担当している人気声優ですが、スターウォーズシリーズでキャラクターの吹き替えを担当するのはエピソード7が初めてのようです。

レイ:永宝千晶

最新3部作(エピソード7〜9)の主人公であるレイの声を演じるのは永宝千晶(ながとみちあき)さんです。エピソード7〜9でレイを演じているデイジーリドリーさんが出演する作品の日本語吹き替えを担当している声優さんで、デイジーさんと同様にスターウォーズシリーズに出演するのもこれが初めてです。

フィン:杉村憲司

最新3部作(エピソード7〜9)で裏切り者の兵士でありキーパーソンの一人であるFN-2187ことフィンの声を演じるのは杉村憲司(すぎむらけんじ)さんです。
こちらも永宝千晶と同じくエピソード7〜9でフィンを演じているジョン・ボイエガさんが出演する作品の日本語吹き替えを担当している声優さんで、永宝千晶や津田健次郎と同じくスターウォーズシリーズに初出演しています。

ポー・ダメロン:小松史法

最新3部作(エピソード7〜9)でレジスタンスのエースパイロット、ポー・ダメロンの声を演じるのは小松史法(こまつふみのり)さんです。
こちらも永宝千晶さんや杉村憲司さんと同じくポー・ダメロン役のオスカー・アイザックさんの出演作品で日本語吹き替えを専属で担当している声優さんで、スターウォーズシリーズ初出演となります。

ルーク・スカイウォーカー:島田敏

スターウォーズ第1作目の主人公でありダースベイダーの息子、そしてスターウォーズのエピソード7のキーパーソンである伝説のジェダイマスター、ルーク・スカイウォーカーの声を演じるのはベテラン声優の島田敏(しまだびん)さんです。これまで数多くの有名作品で声の出演をされてきており、さらに現在日本俳優連合の常任理事を務めていらっしゃる大変すごい方です。島田敏さんもルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルの出演作品で日本語吹き替えを担当している声優さんで、最新3部作やエピソード4〜6(ソフト版)でもルークの声を演じています。
さらに3DCGアニメ、スターウォーズクローンウォーズでも古代のシス卿ダース・ベインの声を演じています。

まとめ

数々の有名作品に出演してきた有名声優たちが声を当てているスターウォーズ・エピソード7「フォースの覚醒」。

ぜひ一度見てください。