Feature

革の特性
m0851のフルグレインレザー
アニリンレザー

Aniline
- アニリン -

イタリア産のカーフスキン(仔牛革)を0.7mmまでなめした、薄くて軽いレザーです。きめが細かく、最も上質な皮革とされるカーフスキンの中でも、特に革質のよい部分を厳選して使っているため丈夫で、通気性・保湿性にもすぐれています。しなやかでしっとりとした質感、塗料では表現できない、透明感のある光沢が特長です。
革の質がそのまま表れる仕上げゆえ、アニリンに使用できる革はごくわずか。選りすぐりの上質な素材だけを、優れた技術力の工場で仕上げた、稀少なレザーです。

アニリン染色

名前の由来である「アニリン」は、革本来の風合いを最大限に活かした仕上げの手法です。
塗料による表面処理を行わず、染料のみで色づけを施すことで、革が持つ自然なしぼやキズなどの表情(ナチュラルマーク)が美しく浮き上がったレザーが生まれます。アニリン染料は無色透明の有機合成樹脂で、m0851では毒性のない安全な液剤を使用しています。
コーティングが薄い分デリケートで、色落ちが避けられないなどのデメリットもありますが、適切なメンテナンスにより高い耐久性を維持し、経年変化による風合いや色味の深まりを楽しみながら、長くお使いいただくことができます。

View Aniline Item
ブルックリンレザー

Brooklyn
- ブルックリン -

ブルックリンはアニリン染色を施したイギリス産のオイルドレザー(牛革)です。厚みは1.6~1.8mm。たっぷりとワックスを染み込ませてプレスしたプルアップ仕上げによる、控えめな光沢と引き締まった表面が特長です。なめし工程にシリコンポリマーを導入し、革の風合いを損なうことなく撥水加工を実現しています。

オイルドレザー

オイルドレザーは、なめしや仕上げの工程で、通常より多くのオイルを浸透させたレザーです。比較的水や傷に強く、厚みのわりに柔らかな質感や、しっとりした手触りが魅力です。 レザーを曲げたり、裏側から押したりすると、革に含まれる油分が移動し、表面の色が明るく変化する性質をもっています。自然な風合いの色の濃淡があり、味わい深いエイジングを楽しめます。

View Brooklyn Item
モンタナレザー

Montana
- モンタナ -

モンタナレザーはセミアニリン染色を施したスペイン産のレザー(牛革)です。厚みは1.8~2.0mm。しなやかさと適度なハリを持ち、立体的なフォルムを表現することができます。表面はワックス仕上げによる落ち着いた光沢があり、使い込むほどに柔らかさとツヤを増していきます。

セミアニリン染色

セミアニリン染色は、本来の革質を活かしながら、少量の顔料を使い革にコーティングする手法です。アニリン同様に染色を行ったのち、表面に薄く塗装し、革の保護処理を行います。
アニリン染色の特長である自然なレザーの表情を残しつつ、強度やメンテナンス性を備えた、機能的なレザーです。

View Montana Item
マタドールレザー

Matador
- マタドール -

マタドールはぺブル加工によるでこぼことした表面が特長のアメリカ産のレザー(牛革)です。厚みは2.2~2.4mmと、m0851の中で最も肉厚で、丈夫なレザーのひとつです。使い込むほど柔らかくなり、弾力が生まれます。

ぺブル加工

「ぺブル」とは丸い小石という意味です。ぺブル加工とは、その名の通り、革の表面に小石状の凹凸をつける加工です。ユニークでヴィンテージ感のある仕上がりになるだけでなく、革が柔らかくなり、傷がつきにくく機能的です。
また、表面をワックスでコーティングすることにより、控えめなツヤとリッチな手触りを実現しています。

View Matador Item